AIDS

免疫細胞性感染症には様々のものがあります。
カビの一種であるカンジダや再発率の多いコンジローマなどがありますが、有名な性感染症にはHIV(エイズ)があります。
HIVは感染の疑いがあった時点で検査することができます。
この検査がなぜ重要なのでしょう。
それは生死を左右するからです。

現在は自宅で出来るHIV検査キットもありますのでまずそちらで検査するのも良いでしょう。
こちらのHIV検査キットの結果はすぐにわかるようになっています。
命に関わる問題ですので、HIVへの感染機会があった場合は、遅くとも3か月後には必ず検査を受ける必要があります。
HIV検査を受けて、HIV感染を早期発見できれば、早期に治療を開始でき、その後は普通に生活しながら天寿をまっとうできます。

エイズを発症する前に治療を開始できた場合、その約30か月後の生存率は99%です。
しかし、エイズを発症してから初めてHIVに感染していたことに気づき、そこから治療を開始した場合は、生存率が80%となります。

しかも、HIVウィルスの威力はかえって増してきていますから、感染の早期発見、早期治療はますます不可欠なものとなっています。
従来、HIV感染からエイズを発症するまでは、8年から10年ほどあるとされていましたが、近年は4年くらいになってきています。
2,3年でエイズを発症する例も珍しくなくなっています。
感染してからエイズを発症するまでには、相当長い期間があると漠然としたイメージを持たれることが多いですが、事情は大きく変わっています。

例えばがんは、がん細胞の性質で、治るか治らないかがあらかじめ決まっていて、早期発見しても治らないものは治らないし、治るものは放っておいても治る、という一部医者の意見も発表されたりしています。
果たしてがん検診に意味はあるのか、という議論もよくなされています。
しかし、HIVは、それとはまったく違う病です。
早期発見が大事であることに疑いの余地はなく、放っておけば確実に死に至ります。
しかし、早期に治療を開始すれば、ほぼ確実に、死に至ることを防げます。

生死を分けるのは、HIVウィルスの性質ではなく、治療の開始時期です。
HIVに効果のある医薬品を万が一の為に手元においておくことが重要です。