爪が傷む段階の前に、体験談を参考にHIV検査

エイズを発症すると、爪にかびが生えることがあります。
爪が黄色や茶色に変色し、割れやすくなるのは、エイズがかなり進行した場合によく現れる症状です。
免疫システムがきちんと働いていれば、菌が爪に繁殖したりかびが生えたりすることはありません。
しかし、HIV感染に気づかず放置していれば、免疫細胞の破壊が進んで免疫システムが機能しなくなり、現在では3年から5年くらいでエイズを発症しやすくなります。

エイズが世に周知されるようになった約30年前は、HIVに感染したら、やがてエイズになるのは避けられないことでした。
HIVは突然変異しやすく、薬の開発が突然変異のスピードに追い付かなかったからです。
しかし、この分野における医学の急速な進歩によって、そうしたことにも対応できるようになり、今では完治はできないまでも、免疫細胞の破壊を抑え、ウィルスの増殖をかなり防げる薬が出ています。
その薬を生涯飲み続ければ、HIVに感染してもエイズを発症せずに、寿命まで生きられるようになりました。

しかし、せっかく薬が開発されているにもかかわらず、感染に気づかずにいて、いきなりエイズになってしまう例が3割ほどあります。
エイズになった後で治療を開始した場合、30か月後の生存率は8割ほどとなります。
発症する前に治療を開始していれば、99%であったわけですから、HIV検査を受けて、感染を早期発見することは非常に大事です。

HIV検査は簡単にできます。
保健所では無料で匿名のまま検査が受けられます。
採血から数十分後に感染の有無を知ることができる保健所も多数あります。
HIV検査キットを通信販売で購入して調べる方法もあります。
どちらの体験談も公開されていますので、参考にできます。